火曜日, 2月 11, 2014

家をつくるときに参考にした本を紹介します

私がマンション購入にあたって、参考にした本をまとめます。
我が家は建売ではなく、自由設計のマンションのため、一戸建てやマイホーム関連の本を参考にしました。

マンション購入を決める前までは、住宅ローンのことや建築、設計の基礎知識も何もありませんでした。
勉強しなければ…と思いインターネットで調べてみましたが、情報が偏っていたり、知りたい情報がなかったりで
苦労したので、体系的に学ぶために本に頼りました…。

■家づくりの基本がわかる本
最新版 はじめての家づくり基本レッスン―住みよい家づくりがすべてわかる! (主婦の友新実用BOOKS)


家を買うと決めてからどんなことをしなければならないのか、土地の選び方、業者の選び方、お金のこと、
間取りのこと、法律のこと、などなどタイトル通り家づくりの基本的な流れを学ぶことができる本です。
特に住宅ローンのこと、法律のことなどはまったく初心者だったので参考にさせていただきました。

このシリーズの最新版はこちら。
はじめての家づくり 基本レッスン 決定版 (主婦の友新実用BOOKS)


■間取りを考えるのに役立つ本
住まいの解剖図鑑

建築士の資格がある方に紹介いただいた本です。
建築士の方が、設計を学んでいる人など向けにかいたコラム形式の本ですが
マイホームをたてようとしている人にも役立つ本です。設計する際プロはこんなことを考えて
作っているんだなーという、プロの視点がわかるので設計事務所の方と打ち合わせをする際にも役立ちました。
間取り図を見ただけではわからない実際の使い勝手を考えた細かいポイントなど、勉強になります。


■建具や内装選びに役に立つ本
住宅インテリア究極ガイド2012-2013 (エクスナレッジムック)


家の中のクロスや床材などを考えるときの参考にしました。
どんな床材があって、それぞれどんな特徴があるのか、高いのか、安いのか、など勉強になります。
またフルカラーで実際のインテリアのイメージも載っているので自分の好みをつかめます。
これを見て、こんなふうな床材にしたいです、という希望を設計事務所に伝えるのにも役立ちました。

私が買ったのは上記の本ですが、2014年の最新版が出ていました。
住宅インテリア究極ガイド2013-2014 (エクスナレッジムック)


■インテリア選びなどに役立つ本
BRUTUS (ブルータス) 2013年 5/15号 [雑誌]


本ではないですが、BRUTUSの住宅特集号はインテリアや間取りの参考として何冊か読みました。
結構、お金持ちそうなおうちが多くてあまり参考にならないものも多かったですが…
自分がこんなイメージの部屋にしたい、といったイメージを固めるのには役立ちました。

住宅特集をまとめたムックも出ているみたいです。こっちがあれば
ブルータス特別編集 合本・居住空間学 DELUXE (マガジンハウスムック)



以上、私が参考にした本の紹介でした。
インテリア系の本はけっこう高かったりするのですが、
webには落ちていない情報が多いのでどれも買ってよかったなと思っています。

おすすめのサンドイッチのレシピ本

お弁当によくサンドイッチを持っていくのですが、具のパターンってどうしてもマンネリになってしまうので、サンドイッチのレシピ本ないかな~と探してみました。
しかし意外と、サンドイッチだけを取り上げた本は少ないんですね。パン作りの本はけっこうあったのですが。
少ないながらも本屋さんで見つけた本です。


サンドイッチ教本

サンドイッチの基本のきから丁寧に書かれています。パンの種類も食パンだけでなく、フランスパン、バゲット、コッペパンなど
多種多様。また、サンドイッチの具のことをフィリングっていうんですね。勉強になりました。
フィリングの種類は、材料別に紹介されていて便利です。


サンドイッチの発想と組み立て

いろいろな国で昔から食べられているサンドイッチの紹介です。
カフェやパン屋さんで売っているようなおしゃれなサンドイッチ、外国の映画に出てきそうなおしゃれなサンドイッチがたくさん。
眺めているだけでたのしい。


こんがり! ホットサンド レシピ100 はさんで焼くだけ、おいしくたのしい

こちらはホットサンド専門のレシピ集。
ホットサンドというだけで、ちょっといつものサンドイッチよりも豪華に感じます。
日曜日のおひるごはんにつくりたい。


バインミー ―ベトナムのおいしいサンドイッチ―

最近、ベトナム料理屋さんなどでも見かけるようになったベトナムのサンドイッチ「バインミー」を
紹介しためずらしいレシピ本です。
日本のサンドイッチや、アメリカ、ヨーロッパのサンドイッチとも違った独特の具材がおいしそうです。
パクチー好き、アジア料理好きにはたまらない。


お弁当ははらくちんなのでだいたいサンドイッチなのですが
具材のバリエーションがマンネリになってしまうのでこういうレシピ本には助けられます。